女性の薄毛や脱毛症には種類がある!効果的な治療法とは?

ふと気付くと、最近シャンプーの後の抜け毛が増えたり、枕にたくさん自分の抜け毛がついていた経験はありませんか?もしかしたら、それは知らぬ間に忍び寄る脱毛症のサインかもしれません。今回は、女性に起きやすい薄毛や脱毛症の種類や原因、各対策方法をご紹介します。

深刻な場合も!女性の脱毛症の原因とは?

女性 頭皮 髪の毛 薄毛

女性に急な薄毛の症状や脱毛症が起こる場合、頭皮の血行不良や栄養不足、ホルモンバランスの乱れなどが原因のことが多いです。

これらの薄毛や脱毛症の原因は、過度のダイエットやストレス、喫煙や飲酒、睡眠不足、バランスの悪い食事、誤ったヘアケアなどの生活習慣が大きく関係しているといわれています。また、遺伝的要素により脱毛症が起こることもあります。

女性の薄毛や脱毛症の種類・対策法とは?

びまん性脱毛症 女性 薄毛

今回は、女性に起きやすい薄毛や脱毛症の種類、各種類ごとに効果的とされる治療法をご紹介します。

1.女性男性型脱毛症(びまん性脱毛症)

男性に多い男性型脱毛症(AGA)の女性版の症状で、他に「びまん性脱毛症」と呼ばれることもあります。

男性ホルモンが原因で髪の毛全体が薄くなる脱毛症で、薄毛や脱毛症に悩む女性に最も多い症状です。男性と女性で表れる症状が異なるため、AGAと区別しFAGAと呼ぶこともあります。

女性男性型脱毛症(びまん性脱毛症)の対策法

早期に原因を見極め対策することで、改善する可能性もあります。早めに育毛シャンプーや育毛剤を使用する、または薄毛専門の医師に相談して適切な治療を受ける、などが>女性男性型脱毛症改善への近道といえるでしょう。

2.円形脱毛症

女性だけではなく性別・年齢問わず、誰にでも起こる可能性がある免疫性の脱毛症です。コインのように円形に毛が抜けることから、円形脱毛症と呼ばれています。

範囲が小さければ自然に治ることが多いのですが、大きくなってしまったり再発を繰り返す場合には医師による適切な治療を受けた方が良いでしょう。

円形脱毛症の原因は、ストレスや自律神経の障害、毛周期の異常、内分泌障害などが考えられています。

また、自己免疫機能の異常で、リンパ球が誤って成長期の毛包を攻撃・破壊してしまい、毛包が縮んで休止状態に陥り円形脱毛症につながる場合もあります。

円形脱毛症の対策法

円形脱毛症の治療には、症状別に以下のような治療を組み合わせて改善を試みることが多いです。

  • 血管拡張効果がある塗り薬や、抗アレルギー作用、血行促進作用のある薬の服用
  • 抗炎症効果のあるステロイド薬を内服したり、患部に注射・塗布する
  • 患部に雪状になったドライアイスを軽くあてて、刺激を与える雪状炭酸圧抵療法
  • かぶれやすい物質を人工的に塗って、皮膚に軽い炎症を起こさせ治療する局所免疫療法
  • 免疫状態を改善するため、医療用の紫外線を当てる光線療法

3.牽引性脱毛症

長期に渡って、同じヘアスタイルをして髪の毛を引っ張ることで起こる脱毛症です。分け目がずっと同じだったり、ポニーテールをして髪の毛に負担がかかり、毛根がダメージを受けて起こります。

負荷がかかる分け目や生え際の頭皮が薄くなったり、髪の毛が抜けて脱毛症の症状があらわれます。

牽引性脱毛症の対策法

対策法としては、ヘアスタイルを時々変えて、継続して同じ場所にばかり負担がかからないようにすることが大切です。早く回復したい時には、頭皮マッサージで血行促進したり、専門医に相談するのも効果的です。

4.分娩後脱毛症

「産後抜け毛」とも呼ばれる分娩後脱毛症は、妊娠中から出産にかけて、女性ホルモンのバランスが一変することで、一時的に抜け毛が増え、脱毛症のようになる症状です。

出産を経験した約7割もの女性が経験するといわれ、一般的に半年~1年程度で自然に回復します。高齢での出産で体力回復に時間を必要とする場合は、分娩後脱毛症の回復も遅くなります。場合によっては完治しない場合もあるので、注意が必要です。

分娩後脱毛症の対策法

基本的には自然治癒ですが、頭皮環境を改善するためにシャンプーを低刺激の天然由来のものにしたり、バランスの良い食生活を心掛ける、睡眠をたっぷりとる、ストレスを溜めこまないなどが対策としてはおすすめです。

5.粃糠(ひこう)性脱毛症

フケが乾燥したものが毛穴を塞ぎ頭皮が炎症を起こして、髪の成長が妨害されることで発症する脱毛症のことです。

フケをどうにかしようと、シャンプーをし過ぎたり、すすぎを充分にしていなかったり、パーマやカラーの刺激を受けても発生します。

フケが異常に増えてしまった場合は、脂漏性皮膚炎(脂漏性湿疹)の疑いもあるので注意して下さい。

粃糠(ひこう)性脱毛症の対策法

対策としては、低刺激シャンプーに切り替えたり、生活習慣を改善する、専門医の診察を受けるなどして早期の取り組みが有効です。

6.脂漏(しろう)性脱毛症

過剰に分泌された皮脂が毛穴を塞ぎ、頭皮の炎症を招いてしまう脱毛症です。酷い場合、脂漏性皮膚炎を起こす可能性もあるので、専門医に受診しましょう。

脂漏(しろう)性脱毛症の対策法

地肌が目立つようになった、髪の毛が細く痩せてきたなど薄毛かも?と思ったら早めの対策が肝心です。

自分で出来る対策は、やはり睡眠や食事などの生活習慣の改善ですので、髪の成長を妨げる様な飲酒や喫煙も控えたほうがいいでしょう。

脱毛症の症状が見られたら早めにケアしよう

女性 髪

「髪は女の命」と昔から言われるほど、女性にとって美しい髪の毛は大切です。少しでも脱毛症の可能性が疑われた場合には、生活習慣

 当サイトでは、20代女性の薄毛シャンプーおすすめをご紹介しています。ぜひ、ご参照ください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です