フケは薄毛を知らせるサイン?女性の薄毛の改善方法

女性の薄毛の原因の1つに頭皮環境の乱れがあります。 頭皮環境の悪化は薄毛を進行させる大きな原因の一つです。頭皮のコンディションの悪化を知らせるサインがフケなのです!今回は、女性の薄毛の原因とフケの関係についてご紹介していきます。

フケと薄毛の関係は?

フケ

フケと聞くと、多くの女性はあまりキレイではない印象を持つと思います。しかし、フケは目立たないだけで誰にでも当たり前に存在しているものなのです。

フケ発生のメカニズム

人間のお肌は、常にターンオーバーによって再生を繰り返しています。 ターンオーバーとは、肌の深部で作られる新しい角質層が肌表面に現れ、同時に古い角質が剥がれ落ちる一連のサイクルのことをいいます。正常な肌のターンオーバーの周期は約28日間とされています。

頭皮も、肌同様にターンオーバーが繰り返されています。 その時に古くなってはがれていく角質こそ、フケの正体なのです。

女性の薄毛の原因1:大量のフケには要注意!

頭皮の一番表面を覆っている角質層は、皮膚の保湿や外部の刺激からの保護など、頭皮環境を正常に保つためのバリアのような役割を担っています。角質層を正常な状態で維持するには、水分を逃がさないための適度な皮脂が欠かせません。

頭皮の皮脂が減少して頭皮の乾燥状態が続くと、頭皮表面の角質層はターンオーバーを待たずにボロボロとはがれ落ち、大量のフケとなって現れます。

よって、フケが多い女性は頭皮が乾燥状態にあり、頭皮のバリア機能が正常に機能できていないという可能性があるのです。頭皮が正常に働いていないと髪の毛に栄養が行き届かず、薄毛の原因に繋がっていきます。

女性の薄毛の原因2:過剰な皮脂分泌

頭皮の過度の乾燥が続くと、肌が水分不足を感じて皮脂腺を刺激することで大量の皮脂が分泌されます。 すると、皮脂やほこり、細菌などと大量のフケが混ざり合い、毛穴に詰まって炎症をおこします。
フケや皮脂汚れが詰まって炎症することで、正常な発毛や育毛が行われなくなり、女性の薄毛の原因となるのです。

女性の薄毛の原因3:頭皮の血行不良

乾燥が進んだ頭皮は弾力性が少なく硬くなってしまうので、血行が悪くなりやすいです。血行が悪いと、発毛や育毛に欠かせない新鮮な酸素や栄養素が上手に運ばれなくなります。
酸素や栄養の不足により発毛や育毛が正常に行われなくなると、栄養不足の細くて弱々しい毛が増えて女性の薄毛の原因となるのです。

フケをおさえて薄毛を予防するには?

女性

フケの多さや、フケの発生に伴う薄毛が気になる場合は頭皮の保湿ケアをしっかりすることが大切です。乾燥を改善すると薄毛を克服できる可能性があります。!ここでは、頭皮の乾燥を改善するための方法についてご紹介します。

フケ・薄毛を予防する方法1.シャンプーの見直し

頭皮の乾燥を改善する際にまず見直したいのは、毎日のシャンプーです。使用しているシャンプーの洗浄力が強すぎたり、頭皮に刺激の強い成分が入っていると、頭皮の表面の皮脂をシャンプーの度に取り除いてしまっている可能性があります。

余分な皮脂のみを洗い落としてくれて、肌の状態に合わせたシャンプーを選ぶようにしましょう。フケ・薄毛対策のシャンプーをお探しの女性は、20代女性の薄毛シャンプーおすすめ | 20代女性の薄毛対策をご参照ください!

フケ・薄毛を予防する方法2.洗髪方法の見直し

フケと薄毛を予防するには、洗髪の方法も見直していきましょう。キレイに洗いたい一心で、爪を立ててゴシゴシ力強く髪の毛を洗っていませんか?頭皮が傷付くと、傷からばい菌が入りやすくなって薄毛の原因となる可能性があります。
指の腹を使ってやさしく頭皮をマッサージするように洗いましょう。

また、シャンプーやトリートメントのすすぎ残しも頭皮のトラブルの原因となり薄毛を誘発させる可能性があります。しっかりすすいで、頭皮環境を清潔に保つことでフケ・薄毛の改善に繋がります。

フケ・薄毛を予防する方法3.ドライヤーにも要注意

フケ・薄毛の大きな原因となる乾燥を引き起こしやすく注意したいことが、お風呂上がりのドライヤーです。早く髪の毛を乾かそうとして、ドライヤーの熱風を近くで当て続けると頭皮の乾燥・火傷の原因となります。

近距離でのドライヤーを続けると、髪の毛の水分も奪われることで髪の毛が痛み、抜けやすくなってしまうことも。フケ・薄毛の対策には、シャンプーは頭皮に近づけず、小刻みに動かしながら熱風を分散させて当てるようにしましょう。

いかがでしたか?フケと薄毛は無関係に思いがちですが、実は密接な関係があったのです。フケのメカニズムを知ることで、正しい薄毛の対策にも繋がります。身近な事から見直して、フケと薄毛のケアを行っていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です