20代女性の白髪の原因と薄毛の関係

白髪や薄毛はお年寄りの悩みだと思っている女性も多いと思いますが、実は白髪や薄毛は20代の女性でも発症することがある症状です。いわゆる若白髪と言われる症状ですが、みつけると大きなショックを受けますよね。今回は、20代女性に起きる白髪や薄毛の関係について調べてみました!

20代の女性に白髪が増えるメカニズム

白髪 髪

実は、髪の毛は毛母細胞から作られた瞬間はすべて白髪の状態です。
髪の毛が成長していく過程で、メラノサイト(色素細胞)が作り出すメラニン色素を毛髪内に取り込んで、黒く色づけられることで黒い髪の毛が誕生します。

しかし、何らかの原因でメラノサイトのはたらきが弱まるとメラニン色素が生成されず、黒色の色素を取り込めなかった毛髪は白いまま成長します。

それが白髪なのです。つまり白髪というのは、メラノサイトのはたらきが低下することで多くなります

20代女性に多い白髪の原因1.精神的ストレス

女性 ストレス

現代の20代女性は、毎日多くのストレスにさらされています。仕事や子育て、人間関係などによる精神的なストレスが蓄積されると自律神経が乱れて体にさまざまな悪影響があわれます。そのひとつが白髪です。

20代女性は、何かとストレスを感じやすい年齢です。過度なストレスによって自律神経が乱れると、血流が悪くなるため、毛根に十分な酸素や栄養素が届かなくなります

すると、髪の毛を作り出している毛母細胞のはたらきが弱くなり、メラノサイトが正常に機能しなくなります。その結果、白髪が増えたり、毛髪の成長不良などトラブルが多くなるのです。これらが20代でも白髪や薄毛が多くなる原因となります。

20代の女性に多い白髪の原因2.過度のダイエット

ダイエット 体重

20代女性や10代女性を中心に女性に多くみられる過度の食事制限によるダイエットは、慢性的な栄養不足をまねきます。栄養不足によって体内の栄養が不足すると、身体は生命の維持に必要な部分を優先的に栄養素の供給を始めます。

そうなると髪の毛の成長は後回しにされてしまいます。栄養素が十分に与えられなくなると毛母細胞や頭皮が栄養不足におちいり、健康な髪の毛を生成することができなくなってしまいます。

毛母細胞の栄養不足は、白髪を増加させるだけではなく20代女性の薄毛を進行させる大きな原因でもあります。

20代の女性に多い白髪の原因3.遺伝

母 娘

白髪の原因には、薄毛と同様に遺伝的な要素も大きく関係していると考えられています。20代女性で白髪や抜け毛が増えてきたのを気にしていたら、両親も20代で若白髪を発症していたなんて話は珍しくありません。

しかし、白髪や薄毛と遺伝の関係はまだまだ調査途中ではっきりと解明されたわけではありません。今の段階では、統計からみて20代前後に発生する若白髪の原因のひとつの仮説と考えられています。遺伝と考えられていても適切なケア続けることで白髪や薄毛は改善できるケースもあります。

「髪は女性の命」とも言われるほどなので、20代の女性にとって白髪や薄毛のお悩みは深刻な問題ですよね。白髪と薄毛の関係性を知ることで、今の自分に足りない薄毛対策ケアを行って対策をとっていきましょう。
当サイトでは、さまざまな薄毛対策の方法や20代女性の薄毛におすすめシャンプーについてご紹介しています。ぜひ、ご参照ください!

※関連記事
20代女性の薄毛は何が原因?原因別に見る薄毛対策とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です