20代女性の薄毛治療には病院の何科に行くのが正解?

まだ私は20代なのに、鏡を見るとびっくり!何だか「頭頂部」が薄くなってきている気がする……!こうした人は20代では珍しいと思いますか?実は20代女性で薄毛になるという人は意外に多くいます。一般的な話だと、女性の薄毛は中年以降(更年期以降)に発症することが多いのです。しかし過度で偏ったダイエットや、ストレス、そして偏食となれば、こうした生活習慣の乱れが原因で頭皮はボロボロの栄養不足状態になっていたこともあるということです。ただ20代の薄毛はストレスを減らすようにし、バランスの取れた食事をとるように努力するなど「生活習慣の乱れ」を正していくことで改善するケースも多くあります。けれどもそうした努力を試みた結果でも症状の改善が見られなかったり、進行が止まないという時は専門のクリニックなどでの「薄毛治療」が効果的です。

女性の薄毛症状は1つではない

20代の女性でも珍しくなくなってきたという「薄毛」を治療しようと思った場合、気になるのは「薄毛治療って何科に行くの?」という疑問です。「女性の薄毛」と言っても症状は人によって様々。女性が薄毛治療のために病院やクリニックを選ぶなら、先ずは自分の薄毛の状態や適した治療が受けられる病院を知ることが大事です。

ここからは20代の女性に起こりやすい薄毛の状態をご紹介します。自分自身の薄毛の状態と照らし合わせてみて、自分がどの症状なのか見当をつけてみてください(ただし本当にあなたの薄毛の原因を調べるのは医師なので、飽くまで見当をつけるだけ。自己判断で思い込むのは今後の治療の妨げになりますからね。)

びまん性脱毛症

びまん性脱毛症

20代の女性の薄毛の原因で一番多いのが「びまん性脱毛症」。頭頂部からまんべんなく脱毛症状が起こる脱毛症で、ホルモンバランスの崩れや生活習慣の乱れなど様々な原因が重なることで発症します。びまん性脱毛症の薄毛治療は薄毛治療専門の病院総合病院の薄毛治療外来などで診察してもらうことができます。薄毛治療専門の病院は、女性専用の待合室が設けられていたり、女性専用のクリニックを選ぶことができれば男性と一緒になることもないので、20代の女性でも安心して治療やカウンセリングを受けることができます。

分娩後脱毛症

赤ちゃん びっくり

妊娠中は女性ホルモンの影響で、頭髪はヘアサイクルが成長期を維持。このために頭髪は大変抜けにくい状態になっています。しかし出産後、エストロゲンというホルモンが一気に減ることでヘアサイクルの休止期が訪れると、これまで抜けていなかった頭髪が同時に一気に抜け始めます。これが一時的に抜け毛が多くなる「出産後の脱毛」。20代女性で出産後の女性に起きる脱毛症状の1つです。

基本的に産後の脱毛症は産後半年~1年くらいを目安に改善されます。しかし、育児によりどうしても生活リズムは崩れますし、精神的なストレスも重なって、ホルモンバランスが再び乱れ、脱毛症の症状が改善されず進行してしまう場合もあります。薄毛症状以外にもめまいや不安感、怒りっぽい、のぼせなどの症状が現れる場合はホルモンバランスの乱れが原因となっている可能性が高いので、まず婦人科やレディースクリニックに相談してみましょう。

頭皮のトラブルによる薄毛

頭皮や毛根に炎症や湿疹、かぶれなどの皮膚トラブルがある場合、毛髪が成長しにくい、抜け毛が増える、切れ毛が増える、などが原因で薄毛の症状が起こります。抜け毛の増加とともに頭皮に痛みや違和感を感じる場合は頭皮の状態を確認するために先ず皮膚科を訪れましょう。もし皮膚科を受診する前に頭皮の炎症を見つけたり、過度の乾燥や湿疹、かぶれなどを発見した場合は自己判断で市販の薬などを使用しないで皮膚科を受診したうえで適切な治療を受けるようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です