20代女性の薄毛をイチから見直す「シャンプー方法」のいろは

10代からカラーやパーマを繰り返してきた女性はもちろん、20代になりカラーなどをしてきた人も、就職をして周囲の環境やストレス値が変わったり、結婚や出産で自身の体調が大きく変化すると「髪」について悩むことが増えてきていませんか?例えば、10代の頃はそこまで気にならなかった朝の「抜け毛」が、20代になって明らかに増えてきている…とか。しかし、20代からの薄毛対策は、まだまだ「シャンプー方法の改善」で大丈夫なことも多いのです。逆を言えば、20代の薄毛対策には何よりも日常ケアであるシャンプーがとっても大切だということ。今回は薄毛を気にする20代女性が見直すべきシャンプー方法の「いろは」についてご紹介していきます。

女性 薄毛

20代女性のあなた、こんなシャンプーしていませんか?

まず、あなたは現在、どんなシャンプー方法で髪を洗っていますか? 最初に自分のシャンプー方法についてチェックしてみてください。

あなたのシャンプ方法は大丈夫?シャンプー方法をチェック!

  1. 毎日のシャンプーは朝・夜2回
  2. 毎日のシャンプーは朝だけ
  3. シャンプーの時は予洗いなしで洗っている
  4. 髪に香りが残るように、香料がたっぷり入っているものを選んでいる
  5. しっかり洗えるように爪をしっかり立てて洗っている
  6. 水やシャワーの水圧などが気になるので、シャンプーは泡が落ちればすすぎを終えている
  7. シャンプーは洗えれば良いので成分などはあまり気にしていない
  8. 血行が良くなるように、ちょっと熱めのお湯で洗うようにしている
  9. ドライヤーの熱は髪を傷めるので、髪は自然乾燥にしている
  10. 髪をブラッシングすることはほとんどない

女性 薄毛 チェック

チェック項目の解説!

1.毎日のシャンプーは朝・夜2回だ
→シャンプーは余程のことがなければ1日1回で十分。あまり洗いすぎると必要な皮脂なども洗い落として乾燥しがちに。

2.毎日のシャンプーは朝だけだ
→これは20代の女性によくあるのですが、実際には1日1回、夜に洗う方が髪と頭皮には優しいのです。汚れた髪のまま寝てしまう方が髪にはよくありません。

3.シャンプーの時は予洗いなしで洗っている
→シャンプーはシャンプーを使った1回だけの洗浄ではきちんと汚れが落ち切らないことも多くあります。お湯だけの湯シャンなどで、予め大体の汚れを落としておくと、シャンプーでの洗浄がより効果的になります。

4.髪に香りが残るように、香料がたっぷり入っているものを選んでいる
→最近は自然成分由来のシャンプーが増えていますが、それでも香料などがたくさん入っているシャンプーも多いです。薄毛対策として使うならできるだけ合成化学成分の少ないシャンプーを選びましょう。

5.しっかり洗えるように爪をしっかり立てて洗っている
→薄毛対策として頭皮を傷つける洗い方は大NG!頭皮は指の腹でマッサージするように洗うのが大事です。

6.水やシャワーの水圧などが気になるので、シャンプーは泡が落ちればすすぎを終えている
→シャンプーの際に実は1番多いNGが「しっかりシャンプー剤が落せていない」ということ。シャンプー剤がきちんと落しきれていないと、頭皮が荒れやすくなり、結果として薄毛の原因になるので注意が必要です。

7.シャンプーは洗えれば良いので成分などはあまり気にしていない
→香料の部分でもお伝えしていますが、合成界面活性剤やラウレス硫酸などが入ったシャンプーは薄毛対策には使わない方がベターです。

8.血行が良くなるように、ちょっと熱めのお湯で洗うようにしている
→頭皮は顔を繋がっている皮膚ですよね。これはもう顔の一部だと思って、ぬるま湯で洗うのが大事。あまり熱めのお湯と言うのはより乾燥を招くので要注意です。

9.ドライヤーの熱は髪を傷めるので、髪は自然乾燥にしている
→髪を洗ってから「ドライヤーの風は髪を傷める」と思って自然乾燥にしている人は多いですが、頭皮と髪のことを思うならドライヤーを使った方が良いのです。頭皮は湿ったまま置いておくと雑菌が増殖してしまいますからね。

10.髪をブラッシングすることはほとんどない
→ブラッシングをしない人なんているの?!と思うかもしれませんが、天然パーマでスタイリングに苦労しない人の中にはブラッシングをしない人も結構います。しかしブラッシングと言うのは頭皮のマッサージにもつながっているので、できたら1日1回くらいはブラッシングをするのが良いですよ。

20代女性が知っておくべき正しいシャンプー方法とは?

ここまでにお伝えしたように、20代女性が知っておくべきシャンプーの方法には、上記の様なNG項目もあります。では本当に正しいシャンプー方法はどんなものかと言うと、次のようになります。

正しいシャンプー方法をマスターしよう!

  1. お湯は髪全体にたっぷり含ませるように…お湯が含まれてない髪にシャンプーの刺激は強すぎます。しっかりお湯を含ませてからシャンプーをしましょう。お湯の温度は38度までが最適です。
  2. シャンプーは「頭皮」を洗うものだと思いましょ…シャンプーは髪と言うより頭皮を洗うもの。頭皮につけてから、指の腹で頭皮をマッサージしましょう。髪自体はその時に作られた泡で洗うのがベスト。
  3. シャワーでしっかりシャンプーを落とすことが大事…シャンプー剤が頭皮に残ると毛穴を防いだりして薄毛の原因に。また雑菌が増えて頭皮の出来物の原因にもなるので、シャンプーはしっかり落としましょう。
  4. コンディショナーやリンスは毛先につけるのがベスト…コンディショナーやリンスは髪にとって「保湿」を目的にするものなので、乾燥しがちな毛先を中心につければOKです。頭皮にべったりつかないようにするのが大切。
  5. タオルドライをしたらドライヤーですぐに乾かしましょ…髪は濡れたまま放置するのが1番良くありません。頭皮の清潔を保つためにも、すぐにタオルドライをして、ドライヤーで乾かしましょう。

女性 薄毛 シャンプー

最後に…できたらシャンプーをする前に、毛先だけトリートメントを軽くつけておくと、髪の乾燥を防ぎやすくなるので、髪がぱさぱさして気になるという人は試してみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です