20代女性にも多い薄毛に繋がる切れ毛の原因と対策

20代で薄毛に悩む女性には実は薄毛に悩む前に別のことで悩んでいた経験を持つ人が多くいます。その悩みとは「切れ毛」。カラーリングやパーマを楽しむ人の多い20代は、薄毛に悩むより前に、「髪が傷んだな」ということで先ず切れ毛に悩む人が多いんですよね。ただ、こうした「髪が傷んだ」と思っていただけの切れ毛が実は、その後に20代の薄毛に繋がっていくのです!今回は20代女性が放置してはいけない「切れ毛」についてご紹介します!

女性 切れ毛 抜け毛

「ちょっと傷んでいる」じゃ済まない!20代女性の切れ毛とは?

20代の女性は就職をしている人が多いこともあって経済的に自分の自由になるお金が多い世代です。ということはイコール20代の女性と言うのはオシャレやヘアスタイルにこだわる人が多い世代でもあります。職種によってあまり明るいカラーリングができなくても、定期的にサロンでカラーやパーマをするという人は20代の女性にはとっても多いんですよね。ただ、どんなに気遣ってヘアケアをしていても、やはりカラーやパーマは髪にダメージを与えてしまうので、繰り返せば繰り返すほど髪はどんどん傷んでいきます。

女性 髪

これは良くないな……と思い、カラーリングを止めても一度傷んだ髪と頭皮はなかなかすぐには回復しません。ここで大切なのは、髪が傷むということは、健康な髪をはぐくむ土壌が壊れている=頭皮が痩せてしまっているということを知っておくということ。何だか切れ毛や枝毛が増えたな…と思いつつ、適切なケアをしないままでいると、その切れ毛は20代での薄毛へと進んでしまうかもしれません。

そのパサつきの原因は「切れ毛」だった?ホントは怖い切れ毛あれこれ

どうも髪がパサつく、指を通すとツンツンする…こうしたことに気が付いたら、じっくり自分の髪を観察してみてください。あなたの髪のパサつきは実は「切れ毛が増えている」からかもしれません。俗にいう「アホ毛」というのも、実は毛先が切れてしまった「切れ毛」のことです。頭頂部でツンツンとたつ短い髪の毛が増えたと思ったら、それは切れ毛が増えたと理解して、早めに対処をするようにしましょう。髪が健康に伸びることができずに途中で切れてしまうというのは、髪が受けてきたダメージが限界を超えたということに等しいとも言えます。切れ毛が増えたことに気が付いたら、すぐに自分でできる髪へのダメージ除去を始める必要があるのです。

どうして切れ毛は増えるの?

女性の髪が健康に伸びることができない=切れ毛が増えるのには、いくつもの原因があります。大きな原因としては、ホルモンバランスの乱れ過激なダイエットによる栄養不足、パーマやカラーによるダメージ、ドライヤーやコテ、アイロンの熱による髪への負荷が挙げられます。他には紫外線の浴び過ぎも髪のダメージになりやすく、健康な髪を育てる弊害になるのです。

赤ちゃん 紫外線

特にホルモンバランスの乱れや栄養不足などは、髪だけでなく、頭皮の状態も悪くし、髪を育てる土壌を痩せさせる最たるものなので、早めに対処をしないと後々困ったことに繋がっていくのです。

20代女性の切れ毛は薄毛に繋がる?有効な対策は?

「ただの傷んだ髪」では済まない20代女性の切れ毛。この切れ毛はきちんとケアをせずに放置をすると、切れ毛や枝毛と言う「髪」だけの悩みだけではなく、発毛サイクルや育毛状態、頭髪の状態全てに関わることになってきます。切れ毛を見つけたら一体20代の女性はどのようにケアをしていくのが適切なのでしょうか?

切れ毛は放置するとどうなる?20代女性の切れ毛と「はげ」の関係

20代女性が切れ毛を放置してケアを怠った場合、髪や頭皮はそのままどんどん栄養や「良い状態」を失っていきます。つまり、たかが切れ毛と気にしないでいると、頭皮の状態が悪くなって、切れ毛どころが「髪が生える」ことすら危うくなってくるのです。これは20代と言う若い世代でも、十分に薄毛になる可能性があるということ。実際に、20代の女性で薄毛に悩んでいる人は、薄毛になる前に切れ毛で悩んでいた時期を持つ人が圧倒的に多いんですよね。私だけは大丈夫、私の髪が傷んでいるのはカラーのせいだからカラーを止めればOK…と切れ毛を簡単に考えていると、いつの間にか取り返しのつかない状態になりますよ!

女性 薄毛 切れ毛 悩み

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です