20代女性の薄毛はケアしないと30代以降たいへんなことに?

一昔前まで「高齢女性」の悩みだった薄毛も、現代では20代女性が悩むという人が増えています。高齢者と20代女性では少しだけ「薄毛になる理由」も異なる部分はありますが、それでも20代女性の薄毛を放置しておくと、年を重ねるごとに薄毛は深刻な事態を招くことになってしまいます。特にシャンプーや食習慣など「身近にできるケア」を怠っていると、30代以降の頭髪は悲しすぎることに……。今回は20代女性の薄毛をケアしなかった場合の30代以降への影響を考えます。

20代女性の薄毛ケアが大切な理由

20代女性が薄毛になる根本的な理由は「ホルモンバランスの崩れ」です。20代女性~30代半ばくらいの女性と言うのは、女性の人生において1番ホルモンの分泌が安定する時期です。こうした時期は「性成熟期」とも言われるのですが、現代の女性と言うのはちょうどこの時期に多忙な仕事とプライベートに寝る間も惜しんで動いている時期です。こうなると、女性ホルモンのバランスと言うのはあっという間に崩れていきます。

20代女性の薄毛危険

一度崩れたホルモンバランスというのはなかなか立て直すのも難しく、どちらかというとなし崩しでもっともっとバランスを崩して、薄毛だけではンク体調全般を崩していきやすくなります。ホルモンが一番安定すべき20代女性がホルモンバランスを崩すということは、30代以降の「だんだんとホルモンのバランスを欠いていく」時期には「もっとバランスを崩す」マイナスの基礎を作ってしまうことになるのです。

女性は50代で閉経をする人が多いのですが、閉経に伴う更年期というのは閉経をした年齢の前後5年ずつと言われています。つまり50歳で閉経をした人は45歳~55歳が更年期ということなのです。閉経や更年期と言うのは女性のホルモンバランスを大きく変化させる時期であり、このホルモンバランスの大転換で薄毛になる人も増えます。しかも更年期というのは急になるわけではなくて、徐々に「閉経の方向に進んでいく」というゆったりとした変化なので、早い人では30代後半で体は更年期・閉経の準備を始めるのです。

こうなると、20代で崩したホルモンバランスは改善しないまま、もっとホルモンバランスの崩れる更年期に入り、薄毛を改善させるチャンスをつかめないままになります。

こうした長い目でみたホルモンバランスの変化を鑑みても、やはり20代での薄毛を放置するというのは危ないのです。20代の薄毛を放置するということはイコール自分のホルモンバランスの乱れを放置することと同義だからです。

20代女性の薄毛困る

20代女性の薄毛を放置すると30代で…

お伝えしてきたように、20代女性の薄毛を放置すること=ホルモンバランスの乱れを放置することなのでこれは30代以降の身体に非常に危険な影響を与えます。

例えば先ほども出てきた「更年期」ですが、20代できちんとホルモンバランスのケアをしていないと、更年期に向かう日々の中で心身ともに非常にしんどい時間を過ごす可能性が高くなります。薄毛というピンポイントな部分で考えても、20代女性が薄毛のケアを放置すると、まず産後の抜け毛で今以上にどっさり髪が抜けて本当に「シャレにならない」状態になる可能性が高まります。

Pこの産後の抜け毛はさすがに一時的なものですが、ベースとして薄毛の状態が続いていると、結局産後の抜け毛もある程度にしか回復をせず、早々に薄毛用のウィッグを必要とすることもあります。

20代女性の薄毛危険度

出産をしなかったとしても、それはそれで仕事に忙しい日々が続くでしょうし、毎日の生活習慣が変わらなければ薄毛の状態は改善されず、先述したようにそのまま更年期を迎え、ホルモン変化による抜け毛に悩むことになります。ここでも、ベースとして薄毛と言う状態があるので、さらに髪が減ることで「シャレにならない」ということになる可能性は高くなります。

20代女性の薄毛をケアせずにいると、そのツケは将来の自分に倍以上になって返ってきます。せめてシャンプーと食習慣は整えるように努力をすることが大事です。

当サイトでは、20代女性の薄毛シャンプーおすすめ | 20代女性の薄毛対策をご紹介しています。ぜひ、ご参照ください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です