20代女性の薄毛は何が原因?原因別に見る薄毛対策とは?

女性でも薄毛になる。この事実は何も現代だからあるというわけではなくて、昔からありました。しかし昔は「高齢者になれば」女性でも薄毛になる、というのが常識だったわけで、若い女性でしかも20代という本当に若さの溢れている時期の女性が薄毛になるというのはあまり耳にする話ではありませんでした。けれども、生活習慣や食習慣の変化などで、今では20代女性でも薄毛に悩んでいる人は多くなっています。今回は20代女性の薄毛について、薄毛の原因と、原因別の対策をご紹介します。
20代女性薄毛

20代女性にも薄毛は増加中?現状は?

20代女性が悩んでいる薄毛もある程度は「男性型脱毛症」と言われるホルモンバランスが関係している薄毛です。今までは20代女性の薄毛は表立って話になることがなかったので、「本当に」悩んでいる人はもっとたくさんいるのでしょうが、治療を受けている人だけで考えると、女性の10人に1人は男性型脱毛症で治療をしているのです。これを20代女性に絞ると、治療をしている人は多くないかもしれませんが、実は悩んでいるという人も含めると相当数の20代女性が薄毛に悩んでいるのではと言われています。

20代女性が薄毛になる原因は?

20代女性が薄毛になる原因には様々な要因がありますが、多くは次のようなことが薄毛(脱毛)の原因になります。

【生活習慣が関係する原因】

睡眠不足…髪の成長を促す睡眠時間が削られる、もしくは不規則になることで髪が健やかに育たなくなり薄毛になります。
20代女性薄毛睡眠不足
ストレスの蓄積…ストレスが溜まると自律神経のバランスが崩れるので、生活規則が乱れてきます。これにより睡眠や食欲などがガタガタになり薄毛になる。またストレスは活性酸素を増やすので、活性酸素の影響で毛母細胞が傷つき薄毛になる。
喫煙…煙草を吸うと毛細血管が傷ついてしまうので、このために毛細血管が硬くなり血流が悪化、結果として健康な髪の成長を妨げ、薄毛になる。
20代女性薄毛喫煙
ヘアケアが不適切…スタイリング剤・パーマ・カラーリングなど、現代の20代女性の頭皮はかなりハードな状況を強いられています。そのうえ、適切なヘアケア・頭皮ケアがなされていないと、健やかな髪は保てなくなり、薄毛になる。
過度のダイエット…栄養バランスの崩れた過度のダイエットは、髪が健やかに育つための栄養が不足するので薄毛になります。
経口避妊薬(ピル)を飲んでいる…経口避妊薬は「プロゲステロン」の影響で排卵を起こさないようにしているものがあるので、この避妊薬を飲まなくなることで一時的に発毛をしなくなり、薄毛になることがあります。

20代女性の薄毛への原因別の対策

○睡眠不足…仕事がらいつもたっぷりと睡眠をとることが難しい人もいるでしょうが、眠れる時は22時~午前3時までの時間は睡眠をとることが大事です。
○ストレスの蓄積…ストレスは好んで溜めているものでも、意識して溜めているものでもないので、蓄積しないことは難しいですよね。ただ、あまり欝々と溜めすぎるのは身体に毒なので、最初のうちは強制的にでもストレスを発散するためのスケジュールを立てるのも1つの方法です。
20代女性薄毛ストレス
○喫煙…できるならきっぱりやめた方が身のためですが、そのことで異常にストレスが溜まるなら、病院などを利用して禁煙治療をするのも大切。
○ヘアケアが不適切…正しいシャンプーの仕方をする、頭皮ケアができるサロンなどをたまに利用して頭皮に優しいケアをする機会を設ける。
○過度のダイエット…ダイエットをしてはいけないことはないのですが、する時には栄養バランスを整えて、過度ではなく、適切な体重くらいでとどめておくようにするのが「本当の美しさ」を手に入れる秘訣です。
○経口避妊薬(ピル)を飲んでいる…ピルで自分の身を守るとか、ホルモンバランスをコントロールするのは全く悪いことではありません。でもピルによる薄毛が気になる時は、薬剤の種類を医師や薬剤師と相談して変えてみるのも大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です